Daily Archives: 2016年12月14日

債務整理をした場合でも生命保険を解約しなくて

債務整理をした場合でも生命保険を解約しなくても良いことがあるのです。
任意の整理を行っても生命保険をやめなくても良いのです。
注意する必要があるのは自己破産をする際です。
自己破産をする際には生命保険を解約するように裁判所によって命じられる時があります。
弁護士なら債務整理は可能ですが、中には引き受けてもらえないといった例がないわけではありません。債務整理の処理実績がない弁護士や司法書士もいますし、あるいは自己破産ならそこに至った原因がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。
仮に経験が浅いという理由で断られた場合は、最近増えている債務整理に特化した弁護士や認定司法書士を探して依頼しましょう。近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも見つけることが可能です。もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚をする場合、生活費に充てるためなどその借金が婚姻生活において発生したものであれば財産として分与されることになります。財産というのはプラスに限らず、マイナスであっても同じく共同財産なのです。
なお、夫か妻が婚姻前から持っていた借金や、婚姻期間の借金であってもギャンブルなどが元の個人的なものならば財産分与の対象からは除かれます。
自己破産をするとあらゆる借金がなくなるとは言え、一部の支払いは免責されません。債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が消えません。代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。
他方、一緒くたにしてしまいそうになりますが、養育費は免責されないのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。
どれだけ公言しにくいことでも、弁護士にはすべて正直に話してください。
互いの信頼関係に関わります。
自己破産というものは、そもそも、資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。まだ返済の見込みがあるのなら、債務整理も自己破産もできないうえ、お金を貸していた業者も納得はしないでしょう。嘘をつくことはデメリットしかありませんから、きちんと伝えるようにしましょう。生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。例えば自己破産のケースでいうと、返戻金が20万円を超える場合は解約して返済に充当することになります。
収入があり、返済する債務が残る個人再生の場合、保険契約を解約するまではいかないものの、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。任意整理の場合は解約義務もないですし、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。
債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。
任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息を付けない返済額の取り決めをして、月々の返済を行うもので、通常は元金が減ることはありません。一方の民事再生では返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。
子供がいるのであれば、債務整理の影響が気になります。もし債務整理をした場合、子供の教育のためのローンが使えるか否かは、大きな問題です。簡単に説明すると、教育ローンには民間の金融機関によるものと、国の教育ローンである日本政策金融公庫(通称、日本公庫)によるサービスがあります。
どの金融機関も信用情報機関に登録される情報から審査するので、債務整理を行った場合はローンを組むことは難しいでしょう。