Daily Archives: 2017年5月21日

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も返せないのなら債務整理は可能です。
しかし、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。
あらゆる債務を清算できる自己破産であっても借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由として取り扱われ、裁判所で破産申立をしようが免責される見込みは少ないでしょう。家族に秘密裡に借金をしていましたが、ついに払えなくなって、債務整理せざるを得なくなりました。
かなり多額の借金のせいで、もう返済することが無理になったのです。
話をしたのは偶然目に入った弁護士事務所でかなり安い価格で債務整理を行ってくれました。
他の全ての債務整理の方法と同じく、過払い金の返還請求も個人による手続きができます。
このプロセスにおいては、始めに取引履歴の開示を要求しますが、場合によってはその際ゼロ和解を打診される事があります。
つまり、残債をゼロにする代わりにこの話は解決としませんかと言ってくるのです。
聞き入れる場合、取引履歴の開示前ではいくらの過払い金が発生しているか知るチャンスを逃します。
軽々しくゼロ和解を受けると結果的に損となるリスクがあります。保証人を設定している借金については、債務整理の影響を保証人も受けることになります。債務整理を行った方法によってその影響は変わり、例えば任意整理や特定調停だったならば書類の記入が必要なだけで保証人に対して返済の請求はされません。
一方、個人再生や自己破産の時は、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、借入金の全ての支払いを保証人が代わりに行う必要が生じます。
日常的に借金をしているような人の中には、何度も債務整理をすることは可能なのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。
一般的には回数に制限はありません。
ただ、一回でも債務整理を経験していてまた債務整理を行いたいと言うと、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。債務整理を軽はずみに行おうとするのは控えるべきでしょう。あらためて計算しなおした過払い金を現状の債務と相殺することを話し合うのが特定調停という制度です。
ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、本来は返金請求できるはずですが、特定調停では返還は望めず、借金が帳消しになるだけです。計算して、過払い金がそれなりにあると明らかな時は、相殺目的の特定調停などはせず、返還を求めて過払い金請求をするべきです。ここのところ、債務整理についてインターネットを通して相談を受け付けている弁護士事務所も多くあります。
条件に合う事務所が近所にないと気を落とさずに、とりあえずはネットを介して自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみるというのはどうでしょうか。手続きも任意整理であれば電話と郵送で済ませることが可能なため、ぜひとも道を切り開いていきましょう。債務整理をしたことがある知り合いからその経過についてを教えてもらいました。
月々がずっと楽になったそうで本当に良かったです。
自分にも数々のローンがありましたが、今は全部返済し終えたので、自分とは無関係です。
債務整理には短所も存在しますから、全部返しておいて良かったです。