Daily Archives: 2018年2月13日

借入先が銀行である場合は、自己破

借入先が銀行である場合は、自己破産を申請するとその銀行口座をストップされることがあります。故に、事前に残金を手元においておいた方がいいです。銀行は損失を避けるために、口座を凍結してそのお金を手放さないようにしてしまいます。
口座が凍結されるのはあんまりだと思うかもしれませんが、銀行側にとっては、そうあるべきことなのです。どれくらいまで借金がかさんだら、債務整理を行うべきかということは、一言では答えられません。借金の総額が数十万円といった場合は、どこかでお金を借りて、それまでの債務を払い終えることもできるかもしれません。
ただ、多重債務者の状態では、お金の工面には相当苦労すると思います。何にせよ、早々に弁護士事務所を訪ねて、債務整理に踏み切った方が良いのかどうか、助言をもらう方が結果的には良いと言えます。
着手金を支払って債務整理の依頼をしたのは良いものの、担当弁護士に対する不信感が拭えず、依頼そのものをなくしたい時は、「解任」ということになります。
解任せずに他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、債務整理の開始通知を債権者に二重で送りつけることになるので、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、新しい依頼をするようにしましょう。
個人再生や自己破産、任意整理といった債務整理の手続きは、やろうと思えば債務者本人でも可能ですが、おすすめはしません。
債権者との交渉が主体となる任意整理では、個人の話で債権者が納得するわけがないですし、債務が大幅に減る個人再生の場合も提出書類は相手が納得してくれるように書かなければいけません。それに、もし自己破産するのであれば申請書類は膨大で、手続きにもかなりの時間がかかります。
結局、債務整理をしたいと思ったら実務経験の多い弁護士などに任せるべきでしょう。
当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。
そのため、結婚を控えていても制限はありません。
債務整理したことで、相手が債務を肩代わりする可能性は一切ありませんから心配は無用です。
とはいえ、債務整理をしたことを婚約者に隠したまま結婚すると、後に大きな問題に発展しやすいですから、債務整理の事実を婚約者に正直に伝えてから婚姻関係を結ぶようにしてください。
借りたお金が多すぎて、行き詰った時は弁護士や司法書士にアドバイスを求めましょう。これ以上の返済は不可能だという場合は自己破産という選択ができます。
何年間か海外に行けなくなるなどの制限を与えられますが、借金は消えます。
個人再生という方法を選ぶためには、安定した収入が持っていることなどのある程度の条件があります。個人再生や任意整理の手続きを開始してから、成功報酬の支払い用に司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、報酬や経費を払って余った分は本人の手元に戻ってきます。
毎月一定額を積み立てていくのは辛いかもしれませんが、債務整理後にローンの返済と弁護士への成功報酬支払いが被るのはきついですし、本来は毎月の返済に充てるはずの費用を積立にするのですから、うっかり散財しないで済みます。なるべくなら積み立てるようにしましょう。
法務事務所や法律事務所に債務整理を依頼しようとして、引き受けることができないといって帰されることがあります。
債務整理の処理実績がない弁護士や司法書士もいますし、借金を作って自己破産という理由がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。
もし前者であれば、最近増えている債務整理に特化した弁護士や認定司法書士を探して依頼しましょう。PCで検索もできますが、スマホを使えばプライバシーも保てる上、いつでも効率良く調べられます。