Daily Archives: 2018年3月23日

一般に債務整理というのは結果

一般に債務整理というのは結果を出すまでにそれなりの時間がかかるものです。
債務整理の一種である任意整理の場合は、弁護士事務所や司法書士事務所といったプロに依頼し、最終的な結果(和解、免責決定など)に至るプロセスとしては、最短で2か月、状況によっては半年近くかかるケースもないわけではありません。手続きを開始すると、結果が出るまでの間は債権者は督促や連絡はしてこないのですが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。結婚したり離婚をしたりといったことで名字が変更になると、かつて行った債務整理の記録も仕切り直しになると思ってはいけません。カードの入会申し込みで旧姓を書くところがある事も珍しくありませんし、本人確認をする際用いられるのは氏名だけではないでしょう。
たとえ審査に通過できたところで、債務整理の記録が後日わかった場合はその時点でカードが利用できなくなったりカードを返還するよう求められたりする恐れもあるかもしれません。
皆さんご存知のように、債務整理を行うと、借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどの問題もあります。
多くの人が気にするのがアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかということでしょう。
実際に調べてみると、どうやら、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。
契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、住まいに関しては、心配ないようです。もう、債務整理するしか借金問題を解決できる方法が残されていないような状態の人には、うつ病を抱えてしまい、借金を借金で返すような負のスパイラルに陥ったという人も少なくありません。
たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに債務が膨らんでいたとは、なかなか言い辛いことですから、一人で悩みを抱えてしまうという人が多いのもまた事実です。このような問題からうつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。
債務整理の方法は様々ありますが、そのうち自己破産は唯一の借金を全て帳消しにすることができ、強力です。
しかし、申立をした全員が可能なのではなく、必ず裁判所による免責許可が出ないとできません。申立をした後、その可否が決定されるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。
もし、無い時は決定が下されるまでは概ね3ヶ月ですが、有る場合は債権者に財産を分配していく管財事件となるため、1年かかる可能性もあります。
債務整理をした人の名前は、ブラックリストに載り、5年の間、その記録が残り、クレジットカードの審査を通ることは容易ではないそうです。しかし、5年も経たないうちに作れている人たちもいます。
そういったケースでは、借金を全て返済しているケースが多いです。
信用があればクレジットカードを持つことが出来ます。
一人で債務の返済に悩むのは良くないです。債務整理に関する相談を無料で受け付けているところは思いのほか多いのをご存知でしょうか。
都道府県、市区町村の単位で用意しているところもあれば、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、日本司法書士会連合、弁護士会、法テラスなども随時対応の窓口があります。個人の司法書士、弁護士事務所でも同様の無料相談サービスを提供している場合が珍しくないですし、相談を聞いてもらい、それからどうするか決めるというのも手です。家族に秘密で借金をしていましたが、とうとう返せなくなって、債務の整理をする事にしました。
かなり大きな額の借金があり、もう返すことが出来なくなったのです。
話を聞いてもらったのは巷の弁護士事務所でだいぶ格安で債務整理をやってくれました。