Daily Archives: 2018年4月7日

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったのであれば

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったのであれば、今後もお金を借りられるかどうかは、とても気になる問題です。実際は、間が空かなければ金融機関から融資を受けることは諦めなければなりません。債務整理をすると、短くとも5年はブラックリストに情報が載ってしまうので、ETCカードや分割払いで高額の商品を購入することも諦めるしかありません。意を決して債務整理を始めたものの、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、作業依頼をやめたいと思ったときは、あらためて解任手続きをしなければなりません。簡単な手続きですが、うっかり見落として債務整理を別のところへ頼んでしまうと、受任通知の二重送付にもなり、事態が余計厄介な方向に進んでしまいます。ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、別の依頼先と契約するようにしましょう。返済が滞ると督促や取立てが始まりますが、その間に借金の額を減らす「債務整理」を行えば、それらの借入先に対して司法書士や弁護士から受任通知が送付され、受け取った時点でそのような行為はなくなります。
もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、手続き中の法務事務所等にただちに連絡して対処してもらいましょう。
依頼者が応対しなければいけない理由はないですし、もし対応すれば相手に禁止行為をさせることになるので、断ってください。
どんな状況なのかによって、債務整理がいいか、複数の業者の債務を1社にまとめるおまとめローンの方がいいかは違いがあります。前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければ支払いの総額をやや減らせますが、債務整理ほどではありません。でも、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。債務整理というものはどんな手段にしろ手続きに時間がかかることはやむを得ません。
これから任意整理をすると仮定しても、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを委任して最終的な結果(和解、免責決定など)に至るプロセスとしては、最短で2か月、半年以上かかるなんてことも時にはあります。
本来、こうした手続きをしている間は、催促を始めとした連絡や取り立ては禁止されているのですが、差押えなどを求めた訴訟を起こす貸金業者などもいるようです。
奨学金の借り入れを申し込む際は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。
ただ、過去に何らかの債務整理を行った人が保証人になろうとすると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。もしそういった心配があるのでしたら、日本国際教育支援協会などの保証機関を利用すると、保証人はもちろん連帯保証人も不要で奨学金の貸与を受けることが可能になります。
保証料は毎月分割で払いますが、貸与される奨学金から差し引かれます。
検討してみる価値はあるでしょう。
債務整理の依頼をする場合、司法書士ではなく弁護士にお願いしましょう。
司法書士の場合、1社からの債務額が140万円以上という大口の債務整理には携わることを禁じられています。
でも、弁護士に依頼すれば、このような制限を気にする必要がありません。また、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。
その他にも、弁護士に債務整理を依頼すると、債務整理手続きを始めたその日に法律的に取り立てから解放されることもできるでしょう。
個人再生にいる費用というのは依頼した弁護士や司法書士次第で変わってきます。貧しいのにそんなの払えないと考える人でも分割払いでも大丈夫なので相談してもいい事になっています。
悩んでいる人は相談すると良いと思うのです。