Daily Archives: 2018年11月4日

遺産相続の際などに本来限定承認

遺産相続の際などに本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、遺産より借金のほうが多いと、思いもよらぬ借金を抱え込んでしまいます。でも、そうなれば債務整理という手段があります。ここで行われるのは任意整理であって、弁護士や認定司法書士の手を借りて債権者と減額交渉を行うことになります。知っていれば回避できる問題ですから、相続時は負の部分も考慮しなければいけません。
司法書士や弁護士といった人に債務整理を相談しても引き受けることができないといって帰されることがあります。離婚訴訟等を専門とする弁護士や、債務整理を処理したことのない司法書士の場合や、自己破産の借金が発生した理由が遊興費であったりと免責不許可事由になりそうな時も断られやすいです。
もし前者であれば、無理強いしても良い結果は出ませんので、債務整理に詳しい弁護士事務所などにあたることをお勧めします。
昔は電話帳や看板を頼りに探したそうですが、今はウェブでも手軽に検索できます。いくら相談は無料といっても、司法書士や弁護士を頼んで債務整理を始めるためには、手始めに着手金を払わなければなりません。
着手金というのは一律いくらと決まったわけではないので、司法書士や弁護士次第で額は異なります。
自己破産や個人再生といった手続きでは最初から成功報酬が決まっている場合が多くて判りやすいのですが、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第でかなり変化します。名字が結婚や離婚で変わった時、債務整理の記録がゼロになるなんて事は起こりません。カードの新規入会時の書類に旧姓を記入する欄はしばしばありますし、氏名以外の情報も本人確認に用いられます。それに、審査が通ったと仮定しても、後日になって債務整理の記録がわかったら最後、クレジットカードが使えなくされたり返却を指示される可能性も大いにありえます。
すべての司法書士が債務整理を扱えるわけではなく、法務大臣の認定を受けた司法書士以外は、個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理を行うことはできません。そして司法書士に債務整理を依頼する際、任意整理では手続きをする際に債権者1社あたりの債務の金額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。
もうひとつの違いは代理人です。
自己破産や個人再生を行う場合、裁判所での手続きの代理人に指定できるのは弁護士だけあり、代理人として司法書士を任命することはいかなる事情であれできませんから、自分で裁判所に行って手続きすることになります。自己破産や個人再生といった裁判所の判断が必要な方法で債務整理をするのであれば、弁護士は代理人になれますが、司法書士はなれません。
このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る役目を主に行います。債務者本人が裁判所に申し立てに行かなければなりませんし、行けば質問にも答えなくてはなりません。自己破産で特に管財案件である場合などは司法書士に依頼してしまうと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。
個人再生には何通りかの不利な条件があります。最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に払うお金が多いなんて事もあります。また、この手段は手続き期間が長くなってしまうため、減額してもらえるまでにたくさんの時間を要することが少なくありません。債務整理に必要な金額というのは、手段によってとても差が出てきます。
任意整理の時のように、会社の数ごとに低い金額で利用することができる方法もあるものの、自己破産のように、かなり高めの料金を支払わなくてはいけないものもあります。
自分自身で費用を確認することも重要な事です。