Daily Archives: 2018年12月5日

弁護士および司法書士は、債務整理の依頼を受ける

弁護士および司法書士は、債務整理の依頼を受ける時はあらかじめ担当者が自分自身で必ず債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件処理上の規律を取り決めた規定を日弁連が発表しています。事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、面談を会って行わないで弁護士か司法書士が依頼を受けた場合は、この面談義務への違反となります。債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、収入がない時に適用される自己破産などがあります。3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、依頼主に定収入がなければいけません。
個人再生における再生計画や任意整理の和解交渉は、「債務の減額」が趣旨であり、どちらも返済しなければならない借金は残っています。払い続けていくためにも収入が求められるのは当然でしょう。
債務整理の依頼を弁護士あるいは司法書士にする場合、揃えておくべきものはまず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから今借入をしている状況が確認できるもの全てです。
さらに、資産を持っていることを証する書類も場合によっては必要です。
仮に契約書が残っていないとか、クレジットカードが見つからなくても、調べられないことはないので諦めないでください。独り身の時に債務整理をして、まだ時間が経っていないのなら、一緒になった配偶者の苗字になったからといってブラックリストから名前が消えるということはありません。
審査の時には名前はもちろん、生年月日やその他の個人情報を参照して信用情報機関をチェックします。要するに名寄せを使っているのです。
それゆえ、配偶者の苗字になったところで信用情報にひっかかることは変わらないでしょう。債務整理の中でも、任意整理は債権者の一部を選択して交渉しますが、個人再生などを行う場合は全ての債権者を対象にしなければなりません。
法の手続きをとっていない任意整理では、主に、相手方との交渉で進んでいくので、どこまでの交渉に応じるかは債権者によって異なってしまいます。
専門家に依頼した方が手続きは早いですが、この場合は、すべての借入状況を担当者に伝えてください。もし、伝えそびれてしまうと、不信感を持たれ、担当を辞退されてしまうかもしれません。
債務整理と名のつくものは自己破産であれ任意整理であれ債務者自身ができないこともありませんが、手法としては現実味がありません。
たとえば任意整理を行う際も債務者本人が言う話というのは弁護士のような客観性に欠けますし、裁判所を介する個人再生でも、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。
自己破産の場合は個人の申し立てを事実上受け付けない裁判所もあります。
債務整理で時間がかかりすぎると提訴されることもありますし、ここはやはり法務事務所や法律事務所に依頼するのが一番です。
借りたお金を返すことが難しい場合、司法書士や弁護士にアドバイスを求め、債務を免除してもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理などの措置をしてもらいます。
任意整理でも、マイホームなどを維持しつつ借金を返す個人再生という措置があります。
借りているお金の総額が減りますが、マイホームローンの残額はありますので、気にしていなければなりません。
自己破産とは、借金を返すのがもう明らかに無理だということを裁判所から分かってもらって、法律上で、借金をなくしてもらうことができるやり方です。
生活を営んでいく際に、最低限、要する財産以外のものは、何もかも手放すことになります。日本国民ならば、誰でも自己破産をすることができます。